MENU

生理不順と病気

生理不順や生理以外に出血が見られる不正出血の場合の主な病気には以下のようなものがあります。
症状がある方は早めの医療機関での受診をお勧めします。

 

生理不順・不正出血が見られる病気

 

卵巣機能不全

 

卵子を育て排卵する、そして女性ホルモンを分泌して女性の体を維持するという二つの卵巣の働きが十分でない状態で、不妊症の原因にもなります。月経周期の異常や、月経が全くない無月経といった症状が出ます。不正出血が見られる場合もあります。

 

多のう胞卵巣

 

卵巣の中に複数の卵胞ができて、排卵が起こりにくくなり、不妊症の原因にもなります。生理不順や無月経、月経時の出血量が多くなる、出血が止まらなくなるなどの症状が見られます。

 

卵巣のう腫

 

卵巣内にできた良性の脳腫で、中に液状のものが溜まります。のう腫が小さいうちはほとんど症状は出ませんが、大きくなるとのう腫がねじれたり、破裂したりして腹部に激痛が走ることがあります。生理痛や腹痛、生理不順などの症状が現れる場合もあります。

 

子宮頚部異形成

 

子宮頚部の細胞が少し変化した状態で、30〜40代の方に多く発生します。その一部は進行して子宮頸がんになることが知られています。

 

子宮頸がん

 

子宮の入り口にある子宮頚部に発生するがんで、原因となるヒトパピローマウイルスは、主に性交渉により感染します。30〜40代の方に増殖しているがんで、性交後に不正出血が見られることもあります。

 

子宮体がん

 

子宮の奥の内膜に発生するがんで、閉経後の50代以降の方に多く発生します。

 

無排卵月経

 

卵子が排卵されない状態で、月経のような出血があります。