生理不順が不妊症の原因に

MENU

生理不順が不妊症の原因に

生理不順とは、生理周期が乱れてしまうことをいいいます。

 

ただし、生理も人それぞれで個人差があるので、生理周期が普通より長い、もしくは短いというだけで生理不順であると決めつける事はできませんし、生理不順であってもそれをすぐに不妊症と決めつけてしまうことは大変危険です。

 

一般的に生理周期は25〜38日周期で始まるのが普通と言われています。しかし、ホルモンバランスの乱れなどが原因で、生理周期が一定せず、生理不順になってしまう場合もあります。

 

生理不順の中には不妊症の原因となる症状があり、それを頻発月経と稀発月経と呼びます。生理不順の一種である「頻発月経」とは、主に生理周期が短いものを言い、排卵が無い無排卵月経や、卵胞の期間が短い、黄体ホルモンの異常などの原因があります。

 

逆に生理周期が長い種類の生理不順を「稀発月経」と呼び、排卵のない無排卵月経や、排卵の遅れなどの原因が考えられます。

 

頻発月経や稀発月経で、排卵が無い無排卵月経の場合は、妊娠する可能性はなく、不妊の原因となる生理不順と言えます。

 

しかし、これらの原因が無排卵月経ではなく、排卵がある場合には不妊症とは言えません。ただし、排卵の回数は月経周期が正常な方と比べて少なくなるため、妊娠する可能性は低くなります。

 

月経周期に異常が現れた場合、不妊症につながる恐れもあるので、出産を計画している方は特に注意し早めに産婦人科を受診しましょう。また、生理不順は病気のサインである場合も考えられるので、出産の計画がない方でも専門医を受診することをお勧めします。