生理不順と不正出血

MENU

生理不順と不正出血

生理不順と同様に不正出血に悩んでいる方も多くおられます。不正出血とは、月経とは違うタイミングでの出血や月経の前後に起こる出血のことです。

 

不正出血は月経と勘違いしてしまうこともあるので注意が必要です。普通出血があれば月経と認識してしまうので、それが不正出血だった事を知らずに過ごしてしまう場合があります。

 

月経以外の出血があった場合、婦人科で受診することをお勧めします。不正出血の原因は人それぞれですが、病気のサインである可能性もあります。出血量の多い、少ないは関係ありません。

 

普段から健診を受けていない人はたとえ少量の出血でも直ちに婦人科を受診したほうが良いでしょう。また、閉経後の出血はがんなどの病気の可能性が高いので注意が必要です。排卵日近くの出血は「排卵期出血」というもので、病気ではありません。

 

不正出血の原因のほとんどはホルモンバランスの崩れで、この場合生理不順を併発することも多いので、早めに受診しましょう。

 

一番怖いのは、病気による不正出血です。不正出血をもたらす病気はいろいろありますが、代表的なものは子宮体がん、子宮筋腫、子宮内膜炎などが挙げられます。

 

月経にとっもなう不正出血は、月経後期に出血量が多くなるというものもあります。不正出血は、生理不順が重い人ほどわかりにくいので、注意が必要です。

 

月経開始日が予測できないほど月経サイクルが狂ってくると、不正出血を月経と勘違いしてしまう場合もあります。症状が軽いうちに専門医に相談しましょう。