MENU

肥満すぎると生理不順の原因に

 

普段は定期的に月経がはじまっていたにも関わらず、突然生理不順になった場合、体重の変化に気を付けてみましょう。極端なダイエットや痩せすぎによる月経不順はよく知られていますが、実は急激な体重増加や肥満も生理不順の原因になります。

 

子供のころから肥満体質だったという方は、初潮が始まってから月経周期が落ち着くまでに長い期間がかかる可能性もあります。肥満と生理不順にはどのような関係があるのでしょうか。まず一番に挙げられるのは、月経と深い関係のあるホルモンに関することです。

 

皮下脂肪が多いとホルモンバランスが崩れやすい

 

皮下脂肪は女性ホルモンを吸収しやすいという特徴があるので、ある程度以上の皮下脂肪が体についてしまうと、その働きにより、ホルモンバランスが崩れて生理不順を引き起こしてしまいます。

 

3キロ減量するだけでも生理不順が解消したケースも

 

肥満の場合、現在の体重よりも3キロ落とすだけで生理不順が解消する場合もあります。しかし、油断して元の体重に戻ると、また生理不順になってしまう場合もあります。

 

肥満の女性と、標準体重の女性では、1日に必要なエネルギー量が異なる場合と同様に、体が必要とするホルモンの分泌量も異なります。それにより、皮下脂肪が増えすぎてしまうと、体内で必要とされるホルモンの量と実際の分泌量のバランスが崩れ、月経サイクルに影響を及ぼし、生理不順になってしまいます。

 

健康的な体重まで減量したり、その体重を維持するために、栄養バランスの良い食事をとり、適度な運動を行うことをお勧めします。