生理不順と更年期

MENU

生理不順と更年期

更年期の閉経前に生理不順が起こります。生理周期が乱れて月経回数が減少し、最終的には閉経に至ります。

 

更年期に一年以上月経がないと、閉経したとみなします。生理不順とともに卵巣からエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が低下していきますが、閉経後1〜2年、長い場合は

 

3〜4年は分泌が続きます。この分泌が止まった時点で更年期が終了したと考えられています。

 

生理不順は更年期初期の特徴的な症状で、月経不順を経ることなく突然生理が泊り人も稀にいますが、多くは月経不順を経験します。更年期の月経不順は月経周期が短縮した「頻発月経」後に月経周期が遅延する「稀発月経」を経て、またはこの合併した状態が

 

現れて閉経します。これは主に卵胞期と黄体期の短縮が原因とされています。その期間は2〜8年の場合が多く、閉経後の期間を加えると8〜10年に及び、これを更年期と呼びます。

 

更年期には月経血量にも変化が起こり、出血量の多い「過多月経」や、少ない「過小月経」があります。これは月経ごとに多かったり少なかったりする場合もあります。

 

更年期の生理不順は自然のプロセスですから特に治療の必要はありませんが、月経過多や頻発月経で貧血を起こすこともあり、更年期による生理不順だと思っていたら、別の病気の症状である場合もあるので、注意が必要です。

 

更年期の月経不順と紛らわしい病気に、子宮筋腫、子宮がん、子宮内膜症、高プロラクテン血症、甲状腺の病気、糖尿病、腎臓病などがあります。