生理不順が酷いと妊娠できない?

MENU

生理不順が酷いと妊娠できない?

生理不順の方の中には、妊娠できるかどうか心配されておられるかたも多くいらっしゃると思います。結論から言うと、生理不順だから妊娠できないということはありません。

 

ただ、排卵が定期的ではない場合が多いので、基礎体温を測ってもリズムが一定せず排卵時期の予想が難しいため、結果としてチャンスを逃してしまうケースが多いようです。

 

基礎体温が上がり始めてから排卵があったことに気付くので、妊娠するタイミングとしては遅くなってしまいます。生理不順でも妊娠できた方はたくさんいらっしゃるので、妊娠できないと諦めてしまわないほうがよいでしょう。

 

妊娠しずらいという点が気になりますが、こちらも早めに治療を始めることで、妊娠の可能性が上がります。しかし、生理不順をそのまま放っておくと、受精や赤ちゃんを育てるための子宮内膜の環境が悪化してしまうので、結果的に不妊症の原因になってしまうケースもあります。また、子宮が小さくなり、妊娠に適さない状態になるケースもあるので十分な注意が必要です。

 

生理不順が極端な場合には、妊娠に向けて以下のような障害が考えられますので、自分だけで悩まず、早めに専門医に相談することで、症状悪化の防止や治療の必要性の早期確認に努めてください。

 

周期が短いケース

 

生理周期が極端に短い場合には、排卵がないのに生理が起こる無排卵月経の可能性があります。この場合、排卵していないので、妊娠はできません。妊娠に排卵は不可欠なので定期的に排卵を起こすための治療が必要です。

 

周期が長いケース

 

長期にわたって生理の間隔があいている場合は、最終的に生理が来なくなる無月経になってしまう恐れもあります。生理が長期間来ないということは、卵巣機能の低下が予想されるので、やはり妊娠はできなくなってしまいます。

 

卵巣機能が低下し女性ホルモンの分泌量が減ると、生理不順以外にも、疲れやすい、冷え性、不眠症などの症状が出てきます。この場合も早めに産婦人科での治療をお勧めします。